《始原識》一覧

 《識》のコストは、「能力」のコストと「代償」のコストを合計したものである。
 それらはカードのスートとその必要枚数で示され、使用する際に使用者は、それらのコストを、手札のカードを捨てることで支払う。それが出来ない場合、《識》を使用することは出来ない。
 例えば、コストが「スペード×6、HP20」である場合、手札からスートがスペードのカードを6枚捨て、HPを20点払わなければ使用できない。
 また、「代償」のコスト以外の効果は、特に記述が無い限り、セッション中は常に適用される。

▼能力

・《英雄》
タイミング:いつでも
射程:-
対象:自身
コスト:クローバー×6
効果:
 このパート中、あなたの与えるダメージに+20し、あなたの行うあらゆる判定の判定値に+5し、あなたの防御値に+10する。
 この《識》は1パートに1回しか使用できない。

 英雄の如き、純然たる強さ。

・《追求》
タイミング:判定直前
射程:-
対象:自身
コスト:スペード×6
効果:
 あなたが直後に行う判定をクリティカルにする。
 但し、1枚でもカードを出さない場合、その判定は絶対失敗になることに注意する。
 また、それが攻撃に関する判定であるならば、Aのカードを出していない場合はダメージが増えることはない。 
 この《識》は1パートに1回しか使用できない。

 高き願いへの執着は、成功を引き寄せる力となった。

・《生存》
タイミング:いつでも
射程:-
対象:自身
コスト:ハート×6
効果:
あなたはHPを全回復し、受けているバッドステータスを全て解除する。
 この《識》は1パートに1回しか使用できない。

 生存することへの、尋常ならざる執念。

・《否定》
タイミング:いつでも
射程:視界
対象:単体
コスト:ダイヤ×6
効果:
対象がスキルの使用を宣言したときに使用する。
 そのスキルを打ち消し、効果の解決を行わない。
 なお、それを使用するために消費された行動とコストは、元に戻らない。
 この《識》は1パートに1回しか使用できない。

 変化に順応することを選べない運命。

・《連動》
タイミング:効果参照
射程:視界
対象:2体
コスト:クラブ×3
効果:
 一人目の対象が移動した時に使用する。もう一人の対象に、[X]メートルだけ、あなたの任意の方向へ移動を行わせた後、<転倒>を与える。
 Xは、一人目の対象が移動した距離である。
 この効果は、対象が両方とも人間である場合にしか使用できない。
 
 似たもの同士を全て等しいと見做してしまう、あまりにも攻撃的な蔑視。

・《切断》
タイミング:主行動
射程:視界
対象:単体
コスト:スペード×3、AC2
効果:
 ダメージ[オープン5]の近接攻撃を行う。
 この攻撃の命中判定は行わないが、判定値40で判定したものとして扱い、判定直前/直後のタイミングは発生する。
 
 冷酷なまでに、切り分け、切り絶ち、切り捨てる刃。

・《収奪》
タイミング:補助行動
射程:視界
対象:全域
コスト:ハート×3
効果:
 あなた以外の全てのキャラクターは、MPを10失う。
 これによって失われたMPの合計値だけ、あなたのMPを回復する。
 
 それが何かを生み出すことはなく、ただ奪うのみである。

・《継承》
タイミング:いつでも
射程:-
対象:自身
コスト:ダイヤ×3
効果:
 あなたは任意のスキルを1つ、1レベルで習得するか、あなたの習得している任意のスキルのレベルを最大レベルにする。
 これらの効果はパート終了時まで持続する。
ただし、以下に分類されるスキルは取得できない。
・NPC専用スキル
・コストに「崩壊率」を含むスキル
・クラス「特異存在」のスキル
・前提スキルが必要であり、かつ前提スキルをあなたが習得していないスキル

  この《識》は1パートに1回、1シナリオに3回までしか使用できない。

 いつの時代の誰かの生涯が、力を貸す。

・《憤怒》
タイミング:いつでも
射程:-
対象:自身
コスト:クローバー×2
効果:
 パート終了時まで、次にあなたが与えるダメージに+20する。
 この効果は何度でも適用される。

 その怒りは、どんな刃よりも鋭く、どんな火器よりも破壊的であった。

・《離散》
タイミング:いつでも
射程:視界
対象:単体
コスト:スペード×2
効果:
 対象が使用したスキル一つの、ダメージ、HP、MP、防御値、ガード値の増減、軽減の効果量全てに-15(下限0)する。
 
 多角的に世界を見る性質は、概念からその一部を剥ぎ取る力となる。

・《停滞》
タイミング:いつでも
射程:-
対象:自身
コスト:ハート×2
効果:
 この効果を持つ《識》を取得した場合、あなたの肉体的成長は止まる。

 あなたのHPを20点回復する。
 
 汚されることのない、不変の肉体。

・《接続》
タイミング:いつでも
射程:視界
対象:単体
コスト:ダイヤ×2
効果:
 あなたは、全てのキャラクターの手札を見てもよい。
 その後、任意のキャラクターに、この《識》のコストとして捨てたカード全てを渡す。
 
 他者との繋がりを求める心。

・《復讐》
タイミング:効果参照
射程:-
対象:自身
コスト:クローバー×2
効果:
 あなたがダメージを受けた時に使用する。
 あなたがそのダメージを与えたキャラクターとの「関係」を取得しているならば、シナリオ終了時まで、あなたがそのキャラクターに与えるダメージに+15する。
 この効果は何度でも適用される。
 また、あなたは、そのダメージをあなたに与えたキャラクターに対して「関係」を取得してよい。

 その生は報復のために在る。

・《看破》
タイミング:効果参照
射程:視界
対象:単体
コスト:スペード×2
効果:
 いずれかのキャラクターがスキルの使用を宣言した時に使用する。
 対象が使用した、そのスキルのスキルレベルが最大値、もしくは1であるものとして、効果を処理する。(どちらにするかは、あなたが選択する。)

 なお、「習得している(PCデータや敵データとしてシートに記載されている)、そのスキル」のスキルレベルが変更される訳ではない。
 
 物事の構造を見抜く、天賦の才。

・《伝播》
タイミング:いつでも
射程:-
対象:自身
コスト:ハート×2
効果:
 パート終了時まで、次にあなたがダメージを与えた場合、<毒3>か<炎上3>か<転倒>か<麻痺>か<狂乱>か<動揺>か<呪縛3>の何れかを選び、ダメージの対象にその一つを与える。
 その後、あなたも同様のバッドステータスを受ける。

 忘れられぬ痛みを、独り、その身に留めておくことなど出来はしない。

・《羨望》
タイミング:効果参照
射程:視界
対象:単体
コスト:ダイヤ×2
効果:
 いずれかのキャラクターがスキルの使用を宣言した時に使用する。
 対象が使用した、そのスキルの対象に、あなたを追加する。(この際、射程は無視する。)
 そのキャラクターは、これを拒否することを選んでもよい。そうした場合、あなたは【意志】で判定を行い、そのキャラクターは【意志】による対抗判定を行う。それによってあなたを敗北させた場合、拒否が成立する。
 
 他者への羨望、妬みで構成されたその精神はむしろ、皮肉にも、他者と共に在ることで真価を発揮すると言える。

・《天涯》
タイミング:準備行動
射程:-
対象:自身
コスト:クローバー×1
効果:
 ラウンド終了時まで、あなたは<浮遊>を得て、あなたのアクションカウンターに+1する。

 自由な空を求め、自由に空へと届く。

・《予知》
タイミング:いつでも
射程:-
対象:自身
コスト:スペード×1
効果:
 あなたは山札を上から6枚見て、その中から任意の1枚を手札に加え、残りを望む順番で山札の上に戻す。

 この《識》は1ラウンドに1回しか使用できない。

 その思考には、未来が自ずと描かれる。

・《防壁》
タイミング:ダメージ算出直後
射程:接敵
対象:単体
コスト:ハート×1
効果:対象が受ける予定の、いま算出されたダメージを、10点軽減する。

 この《識》は1ターンに1回しか使用できない。

 他者を護らずには居られない精神。

・《不運》
タイミング:いつでも
射程:視界
対象:単体
コスト:ダイヤ×1
効果:
 対象は手札を1枚、無作為に捨てる。
 もしくは、対象がドローXを行うスキルの使用を宣言した直後にこの《識》を使用した場合、そのドローを無効にする。

 この《識》は1ラウンドに1回しか使用できない。

 このうえなく悪意が篭った偶然。

・《空白》
タイミング:いつでも
射程:-
対象:自身
コスト:なし
効果:
 このラウンド終了時まで、あなたは精神攻撃を受けず、タイミングが主行動でない、あらゆるスキルの効果を受けない。

 ロジックばかりで構築された心は、意思の介入を弾く。

・《剣身》
タイミング:いつでも
射程:-
対象:自身
コスト:なし
効果:
 このラウンド終了時まで、あなたの使用する、本来の名称が「刀」であるか、「刀」を使用した専用武器の攻撃力に+10する。

 その身は、剣を振るう為に在る。

・《執行》
タイミング:いつでも
射程:-
対象:自身
コスト:なし
効果:
 このラウンド終了時まで、あなたが特異能力者や特異存在に与えるダメージに+10する。
(NPCが特異能力者または特異存在であるか否かはGMがシナリオ上の設定に従って決定する。)

 より強き悪には、より強き正義を。

・《理想》
タイミング:効果参照
射程:-
対象:自身
コスト:スペード×12
効果:
 あなたが《超越法則》を使用した際に、同時に使用する。
 その《超越法則》のコストを0にする。また、その《超越法則》の使用可能回数を1回増やす。

 究極の理想の体現。

▼代償

・《憤慨》
コスト:クローバー×1
効果:
 あなたは怒りに囚われやすい。

 戦闘開始時、あなたは敵対キャラクターを一人選ぶ。
 戦闘終了時まで、そのキャラクター以外を対象とした行為の判定の判定値に-10する。

・《冷徹》
コスト:スペード×1
効果:
 あなたは非・人間的であるほどに冷徹である。

 あなたは、モードにおいて、カップにポイントを振ることが出来ない。
 あなたは、あらゆる判定において、スートがハートであるカードを使用することが出来ない。

・《従順》
コスト:ハート×1
効果:
 あなたは、他人に従いやすい気質を持つ。強い意志を持たなければ、あなたは簡単に流されてしまうだろう。

 あなたの【意志】レベルが2以上でない場合、あなたが他のキャラクターと行うあらゆる対抗判定は、判定結果に関わらず、対抗相手が勝敗を決定する。

・《孤独》
コスト:ダイヤ×1
効果:
 あなたは自然と、人との固定的な繋がりを持つことが出来ない。

 あなたは「関係」を、人間に対して取得することが出来ない。また、セッション中、あなたの社交値が1であるものとして扱う。

・《苦痛》
コスト:HP20
効果:
 あなたの運命は、あなたの人生に多大なる痛みを伴わせる。

・《交錯》
コスト:MP[X]
効果:
 あなたはいつでも、何らかの過去に縛られている。それは経験を積むほどに、現在のあなたを侵食する。

 Xは[(あなたの取得している「関係」の数+あなたの習得しているスキルの数)÷3(端数切り捨て)]である。

・《衰弱》
コスト:AC2
効果:
 あなたは酷く疲れやすい。力を使うと、あなたの動きは非常に鈍くなる。

・《強欲》
コスト:資金X+1
効果:
 あなたは物欲が強いが、幾らものを買っても、あなたの心が満たされることはない。

 Xは《識》のコストとして必要なカードの枚数である。

・《災厄》
コスト:なし
効果:
 あなたは生きる災厄である。あなたの身の周りでは、すぐに災害じみた出来事が起こってしまう。

 この《識》を使用する度に、あなたは山札の一番上を公開する。それがJ,Q、K、Aのどれかである場合、あなた及び、あなたと接敵しているキャラクターは、[15×X+10]のHPダメージを受ける。(公開したカードは元に戻す。)
 Xは《識》のコストとして必要なカードの枚数である。

・《剥離》
コスト:なし
効果:
 あなたが能力を使う度、その身体の機能は衰えていく。
 
 この《識》を使用する度に、あなたの肉体値か感覚値に-1する。(下限1)この効果は蓄積され、セッションが終了しても解除されない。
 既に肉体値と感覚値が両方とも1である場合、この《識》は使用できない。

・《消沈》
コスト:なし
効果:
 あなたは、どうにも自信を失いやすい上、自信を喪失させるような出来事が起こりやすい。

 あなたが死亡するか、あなたの目の前で、敵対キャラクターと固有名称のないキャラクター以外が死亡した瞬間、あなたはMPを30点失う。(死亡した瞬間であるため、死亡をキャンセルしたとしてもこの効果は適用される。)

・《虚無》
コスト:なし
効果:
 あなたは、生きることを肯定出来ず、何にも満たされないままに生きている。

 あなたがこの《識》を使用したセッションの終了時、あなたのモードのポイントに-1した上で、モードを再決定する。(この代償は一度のセッション中には重複しない。)
 あなたのモードが0になった場合、キャラクターロストとなる。

・《逆境》
コスト:なし
効果:
 あなたに、安易な成功は許されない。

 戦闘時にこの《識》を使用した時、あなたのHPが20以下でない限り、GMは何れかの敵対キャラクターを一人選び、そのキャラクターのアクションカウンターに+5する。

・《病魔》
コスト:なし
効果:
 あなたは、あらゆる技術によって治療不可能な病を持つ。

 あなたはセッション開始時、<毒2>を得る。これは、いかなる方法でも解消出来ない。
 また、これによるダメージは戦闘時のみ適用される。
 あなたが他の効果によって得た<毒X>を解消することは出来るが、そうした場合、再び<毒2>の状態を得る。

・《愛欲》
コスト:なし
効果:
 あなたは性的に、他者に依存している。

 あなたが異性のキャラクター、もしくは異性の見た目をしているキャラクターから受けるダメージに+20する。 

・《固執》
コスト:なし
効果:
 あなたはある存在に、病的なまでに固執している。

 この《識》を取得した時、あなたは「関係」を一つ取得する。シナリオ展開や戦闘、崩壊表の適用などによって、その関係の対象や、その関係性自体が消滅した場合、あなたは以下の効果の中から一つ選び、それを解決する。
・あなたはセッション終了時にキャラクターロストする。
・関係が復活するまで、あなたの行うあらゆる判定の判定値に-20する。これはセッションが終了しても回復しない。

 なおGMは、シナリオ展開などを勘案して、これらの効果を適用する新たな関係を取得させたり、関係の対象を変更させることで、上記の効果を回避させてよい。

・《暴食》
コスト:「嗜好品」×X
効果:
 あなたは人一倍、飢えが強い。

 この《識》を使用する度に、「嗜好品」と名の付くアイテムを[《識》のコストとして必要なカードの枚数÷2(端数切り捨て。下限1)]個消費せねばならず、それが出来ない場合は使用できない。

・《衝動》
コスト:なし
効果:
 あなたは、突発的に何らかの強烈な衝動に駆られ、理性を失うことがある。

 この《識》を使用する度に、あなたは<狂乱>を得る。これによって得た<狂乱>は、ラウンドの終了によって解消されない。(パート終了時には解消される。)
 また、あなたが既に<狂乱>を得ている場合、この《識》を使用することは出来ない。

・《敗北》
コスト:なし
効果:
 あなたは敗北から逃れられない。たとえ他者からは勝利したように見えているとしても。

 あなたがこの《識》を使用したセッションの終了時、あなたが取得する予定の、自身の「目的」を達成した場合に得られる経験点を半分(端数切り捨て)にする。

・《鈍化》
コスト:なし
効果:
 磨き上げたその技術が、あなたの身に定着することはない。

 この《識》を使用する度に、あなたは、あなたの取得しているスキルの中から一つ選び、そのスキルレベルを-1する。そうしてスキルレベルが0になった場合、そのスキルは消滅する。
 あなたがスキルを持たない場合、この《識》は使用できない。

・《死認》
コスト:なし
効果:
 ずっと、あなたの周りには死が溢れていた。彼らの行く末を否定することなどできようか。

 この《識》を取得している限り、あなたは《死殺》を行うことが出来ない。

  • 最終更新:2018-04-09 23:15:39

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード