アイテムの見方と関連ルール

 アイテム「ナイフ」を例に取る。
・ナイフ
種別:近接武器/射撃武器
射程:接敵/10m
装備部位:片手
隠匿性:有
防御値:0
ガード値:2
攻撃力:6/5
コスト:5
効果:射撃武器としても使用できる。
射撃武器として用いた場合、射程は10mになり、攻撃力は5として扱う。

種別…武器の種別。射撃武器ならば射撃攻撃に使用でき、近接武器ならば近接攻撃に使用できる。複数の種別を持つ場合は、どちらとしても扱うことが出来る。どちらとして扱うかは、武器の種別を参照する度に、任意に決定してよい。
「ナイフ」は、近接武器、射撃武器どちらとしても用いることができる。

射程…武器の射程。「接敵」の場合は接敵していないと使えない。そうでない場合、基本的には、攻撃対象が射程内ならば接敵の有無に関わらず使用できる。スクウェアへの換算方法は、スキルの射程の場合と同様である。
複数の射程が記されている場合は、近接武器として用いた場合と、射撃武器として用いた場合それぞれの射程を表している。
「ナイフ」は、近接武器として用いる場合には、接敵している対象への攻撃(近接攻撃)に用い、射撃武器として用いる場合には、10m範囲の射程を有する武器となる。

装備部位…装備部位。これが「搭乗」であるアイテムは、技能【運転】を有している場合に限り、一つのみ携帯できる。
  • 片手…片手に装備する。
  • 両手…両手に装備する。
  • 搭乗…「搭乗」の装備枠に装備する。技能【運転】を1レベル以上有していなければ装備できない。また、装備部位がこれである装備は、この装備を使用した近接攻撃を行う通常攻撃やスキルの使用技能を【近接】ではなく【運転】として扱う。
 なお、装備部位が片手/両手の場合は、どちらとしても用いることが出来る。
「ナイフ」は片手である為、片手に1本装備するか、両手に1本ずつ、合計2本装備することが出来る。
  • その他…所持しているだけで、幾つでも装備しているものと見なす。

隠匿性…隠匿判定で、隠すために達成しなければいけない値。装備した時の「目立ちの度合い」。
「ナイフ」は隠匿性が「有」であるため、装備していても、発見されることはない。

防御値…ダメージを受けたときに、そのダメージを減少させる値。
「ナイフ」は0なので、装備しているだけでは、ダメージを減少させる効果を全く持たない。

ガード値…ガードを成功させたとき、防御値に加えてさらにダメージを減算させる値。
「ナイフ」は2なので、ガードを行った場合は、ダメージを2減少させる効果を持つ。
攻撃力…武器の攻撃力。攻撃を行うのにその武器を用いた場合に増加させるダメージ量。
 複数の値が記されている場合は、近接武器として用いた場合と、射撃武器として用いた場合それぞれの攻撃力を表している。
 近接武器としての「ナイフ」は、ダメージを6上昇させる効果を持つが、射撃武器として用いた場合は、ダメージを5上昇させる。

コスト…購入に必要な資金。

効果…装備の効果。基本的には、装備している間適用される。
使用に宣言が必要な効果の場合、同一タイミングで複数のアイテムの効果を使用することは出来ず、また、同時にスキルを使用したり、そのタイミングで行える他の行動を実行することも出来ない。

関連ルール

■アイテムの設定について
 アイテムの設定は、所有者(購入者)の任意でよい。即ち、任意の名称や、任意の外見的特徴、使用法、機能などの設定を与えることが出来る。ただし、幾ら設定を与えたとしても、性能そのものは元の記述から変化しない。

■装備の専用化
 キャラクター作成時やセッション中の任意のタイミングで、所有している非専用化装備を二つ指定して、それらを合体(性能を合算)することで、自身にしか使用できない(他のキャラクターに渡すことが出来ない)専用装備を作成できる。
 専用装備は、合体元の装備には戻せず、また、初期装備のみで作成した専用装備は初期装備となり、紛失してもセッション終了時に復元されるようになる。
 また、専用装備のコストは0として扱う。
 同じ種別の武器を組み合わせた場合、射程はより小さい方になり、隠匿性はより大きい方になる。また、装備部位は、「両手」のものがあるならば、片方が「片手」でも「両手」になる。「搭乗」のものがある場合は、「搭乗」に変更される。
 射撃武器と近接武器を組み合わせた場合、合算ではなく、射撃時には射撃武器の元のスペック、近接時には近接時の元のスペックを用いる。元の装備がどちらとしても使用できる場合は、射撃時、近接時それぞれで性能の計算を行う。
 また、 片手持ちと両手持ちを選択できる武器を組み合わせに使う場合、組み合わせる段階で、どちらを適用するかを選択する。
 例えば、「ハンドガン」と「盾」を組み合わせた場合、以下のような性能となる。
種別:近接武器/射撃武器
射程:接敵/20m
装備部位:片手
隠匿性:15
防御値:5
ガード値:10
攻撃力:2/7
コスト:0
効果:あなたのガード判定の判定値に+1する。

■アイテムの携帯
 装備などのアイテムは、それが非装備状態でも携帯できるものである限り、幾らでも一般アイテムとして携帯することが出来る。
 例えば、装備部位が「搭乗」である装備は、装備せずに携帯することは出来ない。

■隠匿
 銃器や刀剣といった、法律で禁止されているものを装備して活動したり、使用したりすると、一般人に怪しまれて通報される危険がある。具体的には、パート中に隠匿性:有でない武器を装備していたり、使用したときに、一般人に発見されそうになる場合がある。
 その時に隠匿判定を行う。
 これには【交渉】か【感知】を使用することが出来る。
 判定値が、装備武器の隠匿性の合計値以上になった場合、隠すことに成功するが、未満になった場合、発見されて面倒事が発生する可能性がある。
 隠匿性:有の場合、そもそも発見されることがないかまたは、持っていても不思議ではないものである。但し、例えばデパート内で乗用車に搭乗するなど、一般的に見て明らかに行動が不審である場合は、やはり面倒事が起きる場合がある。
 装備していない携帯武器は、装備したり使用しない限りは(状況にもよるが)基本的に発見されることが無いが、武器によっては、非装備状態で携帯できないものも存在する。

■搭乗
 搭乗アイテムを携帯している場合、補助行動を消費することで、それに乗り降りすることが出来る。
 但し、状況上不適切である場合、GMはそれを拒否してもよい。
 なお、「搭乗アイテムを携帯する」というのは、「すぐに搭乗できる場所に置いておく」という想定である。
 また、搭乗アイテムの中には、所有者以外のキャラクターを搭乗させることが出来るものもあり、この場合も、そのキャラクターが補助行動を消費することで、乗り降りが可能である。このような場合、所有者以外の、他の搭乗者は自由に移動が行えなくなり、所有者の移動に合わせて、全く同じ位置に移動することになる。

  • 最終更新:2018-09-13 20:04:22

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード