クラス:守護者

守護者
 人は皆、何かを守るために生き、何かを守るために戦っている。それは、親しい人間の日常の為かもしれないし、自分や他人の自由かもしれないし、もしくは自らの在り方を守るためかもしれない。
 どのような対象であっても、「守る」ということの本質は、「選択」にある。
 その者がそうしたいと願ったところで、全てを守ることなど、出来はしない。何かを選べば、大抵は、何かを損なうことになる。
 それでも彼らは、その身を呈して、自身にとって優先すべきものを守るのだ。

■能力値
肉体値:4
感覚値:4
理力値:2
社交値:2

■《流出》
《遮断法則》
タイミング:ダメージ算出直後
射程:視界
対象:単体
コスト:崩壊率:[オープン2の合計]+5
効果:対象が受ける予定の、いま算出されたダメージを、0に変更する。
そのダメージは、《流出》による効果以外で増加させることが出来ない。

 其は守護の世界。あらゆる攻性を断ち切る、遮断の領域。

■スキル
▼自動取得スキル
・《援護》
使用技能:【近接】または【射撃】
タイミング:他の味方キャラクターの命中判定または回避判定またはガード判定直後
射程:選択した武器
対象:単体
目標値:15
コスト:MP3
最大スキルレベル:1
効果:あなたの装備している武器一つを選択し、その武器の種別に沿った技能で判定する。
成功した場合、対象の、他の味方キャラクターが直前に行った判定の判定値に+[オープン1]する。

▼通常スキル
・《狙い打ち》
使用技能:【近接】または【射撃】
タイミング:主行動
射程:武器
対象:単体
目標値:対抗
コスト:AC4 MP6
最大スキルレベル:5
効果:あなたの装備している武器一つを選択する。
それが近接武器である場合、ダメージ[オープン[SL]の合計値-4]の近接攻撃を行い、射撃武器である場合、ダメージ[オープン[SL]の合計値-6]の射撃攻撃を行う。
この攻撃では、対象の防御値とガード値を[[SL]×5]だけ無視する。

・《反攻の一撃》
使用技能:-
タイミング:補助行動
射程:-
対象:自身
目標値:-
コスト:MP8
最大スキルレベル:1
効果:このターンの間、あなたの行う攻撃のダメージに+[あなたの最大HP-あなたの現在HP]する。
このスキルは1パートに1回しか使用できない。

・《防御姿勢》
使用技能:-
タイミング:補助行動
射程:-
対象:自身
目標値:-
コスト:MP3
最大スキルレベル:5
効果:このラウンド終了時まで、あなたのガード値に+[SL×4]する。

・《防衛専心》
使用技能:-
タイミング:準備行動
射程:-
対象:自身
目標値:-
コスト:MP6
最大スキルレベル:1
効果:あなたはドロー4を行う。このラウンドの終了時まで、あなたの【耐久】を+1レベルする代わりに、あなたは攻撃を行うことが出来ない。

・《支援攻撃》
使用技能:-
タイミング:《援護》
射程:-
対象:自身
目標値:-
コスト:MP2
最大スキルレベル:1
効果:同時に使用した《援護》に、以下の効果を追加する。
「さらに、その判定が命中判定であった場合、そのダメージに+[あなたの選択した武器]する。」

・《防護》
使用技能:-
タイミング:効果参照
射程:接敵
対象:単体
目標値:-
コスト:MP4
最大スキルレベル:3
効果:対象の、あなた以外のPCに対するダメージ算出直前に使用する。
そのダメージの対象をあなたに変更する。
さらに、このターン、あなたの受けるダメージを[SL×4]軽減する。
 なお、同時にあなたもダメージの対象になっている場合、あなたに対してのダメージ算出を行った上で、あなたが受ける本来のダメージを2倍にする。
 このスキルは、1ターンに1度しか使用できない。

・《対応防御》
使用技能:-
タイミング:常時
射程:-
対象:自身
目標値:-
コスト:-
最大スキルレベル:5
効果:他のキャラクターが、主行動で通常攻撃またはタイミング:主行動のスキルを使用した場合において、そのスキルがあなたを対象としていない場合でも、あなたが対象に含まれているかのように、あなたは対抗判定としてガードを行ってもよい。
また、あなたのガード値を+[SL×2]し、あなたのガード判定の判定値に+3する。

・《見極め》
使用技能:-
タイミング:ガード判定直前
射程:-
対象:自身
目標値:-
コスト:MP6
最大スキルレベル:3
効果:あなたの、この直後のガード判定の判定値に+5する。さらに、このターン中、あなたのガード値を+[オープン[SL]の合計]する。

・《反転攻勢》
使用技能:-
タイミング:ガード判定直前
射程:-
対象:自身
目標値:-
コスト:MP6
最大スキルレベル:5
効果:あなたの、この直後のガード判定の判定値に+3する。さらに、このターン中、あなたのガード値を+3する。
この直後のガード判定が成功した場合、その対抗判定を行った相手キャラクターに、ダメージ[SL×4]を与える。

・《攻撃誘導》
使用技能:-
タイミング:ダメージ算出直前
射程:視界
対象:単体
目標値:-
コスト:MP3
最大スキルレベル:3
効果:対象が行う、射程が範囲または任意範囲の攻撃の対象があなたを含んでいた場合、その攻撃の対象をあなた一人だけに変更する。
また、このスキルは《プロテクト》や《防護》と同時に使用できる。
このスキルは1パートに[SL]回まで使用できる。

・《防御適応》
使用技能:-
タイミング:ダメージ算出直後
射程:-
対象:自身
目標値:-
コスト:MP4
最大スキルレベル:1
効果:自身が受ける予定の、いま算出されたダメージを、[あなたの手札の枚数×2]軽減する。

・《高速反応》
使用技能:-
タイミング:効果参照
射程:-
対象:自身
目標値:-
コスト:MP2
最大スキルレベル:1
効果:自分以外の誰かが移動を行った直後に使用する。
移動を行う。
あなたが接敵状態である場合でも、5メートル(1スクウェア)のみ移動することが出来る。
このスキルは、1ラウンドに1回しか使用できない。

・《耐性》
使用技能:-
タイミング:キャラメイク時
射程:-
対象:自身
目標値:-
コスト:-
最大スキルレベル:6
効果:あなたは、<毒X>、<炎上X>、<転倒>、<狂乱>、<動揺>、<呪縛X>の中から[SL]個選択する。
このセッションの間にあなたが、選択したバッドステータスを受けた瞬間、HPを5点減らしてもよい。
そうした場合、そのバッドステータスを打ち消す。
なお、既に<毒X>や<炎上X>や<呪縛X>を受けている場合、それらを追加で受けた際にこのスキルを使用したならば、追加分を打ち消すのみで、既に受けていた分が遡って打ち消されることはない。

・《存在圧力》
使用技能:-
タイミング:常時
射程:-
対象:自身
目標値:-
コスト:-
最大スキルレベル:2
効果:あなたの移動中止距離を5m増加させる。
その距離内に居る敵キャラクターは接敵状態となり、また、敵キャラクターが移動によってそれらのスクウェアを通過しようとした場合、その移動を中止させる。
スキルレベルが2以上である場合はさらに、敵対キャラクターがあなたと接敵している状態から離れる為の移動を行ったとき、あなたは【運動】判定を行い、そのキャラクターは【運動】で対抗判定を行う。
あなたが勝利した場合、その移動を取り消す。

・《途心:防御》
使用技能:-
タイミング:常時
射程:-
対象:自身
目標値:-
コスト:-
最大スキルレベル:5
効果:あなたのガード判定の判定値に+5し、あなたのガード値に+[SL×3]する。
ただし、あなたの、攻撃またはガード以外の判定の判定値に-3する。
このスキルは、他の《途心:○○》と同時に取得することが出来ない。

▼クロススキル
 クロススキルは、前提スキルとして、指定された、他のクラスのスキルを習得していなければならない。

・《気縛掌(きばくしょう)》
前提スキル:斑鳩《気循》または《導気》1レベル以上
使用技能:-
タイミング:ダメージ算出直後
射程:-
対象:自身
目標値:-
コスト:HP[X] MP[Y]
最大スキルレベル:1
効果:あなたが受ける予定の、いま算出されたダメージを[X+Y+10]点軽減する。
 ただし、[X+Y]は、[【感知】レベル×20]以下でなければならない。
 このスキルは1ラウンドに1回しか使用できない。

 精神波の流れ、すなわち「気」を防御に転用した型。気を攻性事象に通して相殺する。

・《フォースイグナイト》
前提スキル:識術師《高速詠唱》または《対応詠唱》1レベル以上
使用技能:-
タイミング:詠唱スキル(識術師)
射程:-
対象:自身
目標値:-
コスト:MP6
最大スキルレベル:1
効果:あなたは、同時に使用した詠唱スキル全ての射程を視界に変更し、対象を単体に変更し、それらの効果に含まれる「あなたの」という記述を「対象の」に変更しても良い。
 但し、その詠唱スキルは対象が使用したものとして扱い、同じ詠唱スキルの効果が重複して適用されることはない。

 他者の逆流神経を強制発火させる技術。いわば、「他人の詠唱の肩代わり」である。

  • 最終更新:2018-09-10 01:21:39

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード