クラス:心理操者

心理操者
 人間は、全く独立した"個"として存在している訳ではない。
生まれた瞬間から常に他人の影響を受け、常に他人に影響を与えている。
 生まれたばかりで何も知らない子供が見るイメージの根源は何であろうかという事から考えた心理学者たちは、今日の心理操者たちの能力の基幹となる、ある考えを提唱した。
 《精神ネットワーク》の存在。
そもそも人間は、実際的に精神の面で他者と連結していて、ネットワークを築いている。
そしてネットワーク上に生まれた質料を持たない幻影"アーキタイプ"が、あらゆる人間に拡散されているのだ。
 集合的無意識とも表現できる精神ネットワークは、それ自体が人々を守ろうと作用し、未知の出来事から真っ当な人間の心を守るため、《記憶修正》を働かせる。
咄嗟の回避行動も、この機能によって、ある程度の補助がなされていると見ることが出来る。
 心理操者は、このネットワークに望む情報を流し込むことによって、対象の精神に作用する技術を持つ。
もちろん一般人には多大な影響を与えることが出来る力だが、特別性を宿したことによる《アズ・リアル》からの乖離によってネットワークへの依存度が低くなっている者達にも、強力な心的ストリームを与えることによって、強制的に精神を連結すれば、効果を及ぼすことは不可能ではない。
 この様な技術を使って患者の内に眠る治癒能力を最大限発揮させるという治療方法を考案した、心理操者の研究機関が、《ホスピタル》と呼ばれる組織である。
まだ認知度は低い技術だが、最近設立された制霊医療心理大学という大学のバックには《ホスピタル》が存在し、彼らの技術を学ぶことが出来る。

■能力値
肉体値:2
感覚値:2
理力値:3
社交値:5

■《流出》
《心迷法則》
タイミング:主行動
射程:視界
対象:任意範囲
コスト:崩壊率:[オープン2の合計値]+5 AC4
効果:ダメージ[オープン5の合計値]の精神攻撃を行う。
これにはいかなる対抗判定も行うことが出来ず、また、《流出》以外のいかなる方法でも、この攻撃を打ち消したり、ダメージを軽減したり、無効にしたりすることはできない。

 其は迷宮の世界。出口のない思考の循環が、精神を磨耗させる。

■スキル
▼自動取得スキル
・《恫喝》
使用技能:【交渉】
タイミング:主行動
射程:視界
対象:単体
目標値:対抗
コスト:AC4 MP4
最大スキルレベル:5
効果:ダメージ[オープン1+[SL]×4]の精神攻撃を行う。
この攻撃によりダメージが与えられた場合、さらに対象は手札を1枚捨てる。

▼通常スキル
・《恐怖》
使用技能:【交渉】
タイミング:主行動
射程:視界
対象:単体
目標値:対抗
コスト:AC4 MP6
最大スキルレベル:1
効果:ダメージ[オープン2]の精神攻撃を行う。
この攻撃によりダメージが与えられた場合、さらに対象に<動揺>を与える。

・《精神防壁》
使用技能:【交渉】
タイミング:主行動
射程:視界
対象:単体
目標値:10
コスト:AC1 MP6
最大スキルレベル:5
効果:対象はラウンド終了時まで、受ける精神攻撃のダメージを-[SL×5]する。
さらに対象はドロー2を行う。

・《共感》
使用技能:【交渉】
タイミング:主行動
射程:視界
対象:単体
目標値:10
コスト:AC3 MP4
最大スキルレベル:1
効果:あなたはドロー2を行った後、対象に2枚まで手札を渡してもよい。
さらに、対象のACを+2する。
但し、このスキルの対象を変更することは出来ない。

・《治癒促進》
使用技能:【交渉】
タイミング:主行動
射程:10m
対象:単体
目標値:10
コスト:AC2 MP3
最大スキルレベル:5
効果:対象のHPを[SL×5]回復する。

・《重圧》
使用技能:-
タイミング:補助行動
射程:-
対象:自身
目標値:-
コスト:MP3
最大スキルレベル:1
効果:このターン、あなたが行った攻撃が1点でもその対象にダメージを与えた場合、その対象は手札を2枚捨てる(2枚無い場合、全て捨てる)。

・《挑発》
使用技能:【交渉】
タイミング:準備行動
射程:20m
対象:単体
目標値:対抗【意志】
コスト:AC1 MP3
最大スキルレベル:1
効果:【交渉】で判定を行い、対象は【意志】で対抗判定を行う。
あなたが勝利した場合、対象に<狂乱>を与える。

・《思考盗聴》
使用技能:-
タイミング:準備行動
射程:視界
対象:単体
目標値:-
コスト:MP6
最大スキルレベル:1
効果:あなたは、任意のカードのスート(クラブ、スペード、ハート、ダイヤ)一つと、任意のカードの数値(A,2~10、J、Q、K)一つを宣言する。その後、対象の手札を全て見て、その手札の内容によって、以下の効果を、処理できるだけ処理する。
ただし、ジョーカーはいずれのスートでもなく、数値は0であるものとする。
宣言したスートのカードが含まれている:MPを[4]回復する。
宣言した数値のカードが含まれている:ドロー2を行う。
宣言したスートの、宣言した数値のカードが含まれている:対象は、それら二つを満たすカード全てをあなたに渡す。

・《認識歪曲》
使用技能:-
タイミング:判定直後
射程:視界
対象:単体
目標値:-
コスト:AC1 MP2
最大スキルレベル:5
効果:直前に行われた判定の判定値を-[SL×2]する。
このスキルは1ラウンドに1回のみ使用できる。

・《思考狭窄》
使用技能:-
タイミング:判定直前
射程:視界
対象:単体
目標値:-
コスト:AC1 MP5
最大スキルレベル:1
効果:直後に行われる判定において使用できるカードを1枚減らす(下限1)。

・《思考検閲》
使用技能:-
タイミング:判定直前
射程:視界
対象:単体
目標値:-
コスト:AC3 MP4
最大スキルレベル:1
効果:あなたは、任意のカードのスート(クラブ、スペード、ハート、ダイヤ)一つを宣言する。
直後に行われる判定において、そのスートのカードは使用できない。
但し、その判定において、限界突破によって公開したカードに関しては、この効果を無視する。
なお、判定を行うキャラクターは、この効果によって、手札に使用できるカードが存在しなくなった場合、手札を全て公開することで、限界突破を用いた判定を行ってもよい。
このスキルは1ラウンドに1回のみ使用できる。

・《心身相関》
使用技能:-
タイミング:ダメージ算出直後
射程:-
対象:自身
目標値:-
コスト:なし
最大スキルレベル:1
効果:あなたが精神攻撃を行ったことによって発生した、直前に算出されたダメージを、MPへのダメージではなくHPへのダメージにする。ただし、防御値を無視する。

・《精神殺傷》
使用技能:-
タイミング:効果参照
射程:視界
対象:単体
目標値:-
コスト:MP4
最大スキルレベル:1
効果:あなたが精神攻撃を行い、その処理を終了させたときに使用する。
対象のMPが0以下である場合、対象を気絶させる。

・《途心:心理》
使用技能:-
タイミング:常時
射程:-
対象:常時
目標値:-
コスト:-
最大スキルレベル:5
効果:あなたが行う精神攻撃のダメージに+[SL×4]する。
ただし、あなたの、肉体値に関する技能と感覚値に関する技能を用いた判定の判定値に-5する。
このスキルは、他の《途心:○○》と同時に取得することが出来ない。

▼クロススキル
 クロススキルは、前提スキルとして、指定された、他のクラスのスキルを習得していなければならない。

・《理霊》
使用技能:-
タイミング:準備行動
射程:-
対象:-
目標値:-
コスト:MP[X]
最大スキルレベル:1
効果:あなたの居るスクウェアに、味方キャラクター「理霊」を生成する。このキャラクターは、パートが終了すると消滅する。
 このキャラクターの手札は、あなたの手札であるものとする。ただし、このキャラクターにターンが渡されることによって、ドローを行うことはない。
 また、このキャラクターは、判定の際、あなたが手札を出せる場合でも、任意の枚数を《限界突破》によって補うことが出来、判定において、自らでは、クリティカルも絶対失敗も発生させない。
 そのキャラクターに与えられるステータスは、以下の通りである。なお、PCを作成する場合の計算とは異なるので注意すること。
・最大HPが1、最大MPが[X](このスキルを使用する際にあなたが消費した、任意の量のMP)
・あなたと同じ能力値
・あなたと同じ技能レベル
・あなたと同じ移動力であり、スピードが8
 このキャラクターは、通常のPC同様に準備行動、補助行動、主行動を行うことが出来る。
 ただし、特にスキルは取得しておらず、通常攻撃も行えない。行えることは基本的に、移動のみである。また、常にグッドステータス<不在>の状態であり、これを解除することは出来ない。
 このスキルは1パートに1回のみ使用できる。

 なお、このスキル以外に、キャラクターを生成したり、キャラクターにデータを与えるスキルを取得している場合、このスキルを取得できない。
 また、このスキルを取得した瞬間のみ、前提スキルを習得している任意の《理霊:○○》を1レベルで取得できる。

 自らを俯瞰する理性の構造体でありながら、使役者の精神構造の一部でもある。

・《理霊:鏡映》
前提スキル:儀式術師《エンチャント:スピリット》または《アストラル投射》1レベル以上
使用技能:-
タイミング:《理霊》
射程:-
対象:-
目標値:-
コスト:MP8
最大スキルレベル:3
効果:これと同時に使用した《理霊》によって生成された「理霊」は、あなたの習得している任意のスキル[SL]個を、スキルレベル1で習得しているものとする(既に習得しているものとして扱うため、習得時にのみ効果を処理するスキルや、キャラメイク時に効果を処理するスキルは、何も効果を処理しない)。

 あなた自身の一部を鏡映する理霊。

・《理霊:防衛》
前提スキル:守護者《防御姿勢》または《防御適応》1レベル以上
使用技能:-
タイミング:《理霊》
射程:-
対象:-
目標値:-
コスト:なし
最大スキルレベル:1
効果:これと同時に使用した《理霊》によって生成された「理霊」は、<不在>であっても「かばう」を行うことができ、また、そのACコストを0として行うことが出来る。更に、ACコストを1として「連携」を行うことが出来る。
 なお、その「理霊」がHPダメージを受ける際、MPが0でないならば、代わりにMPにダメージを受ける。一度でもMPが0になり、<喪失>を得た「理霊」は、以降、いかなる方法を用いてもMPを回復することは出来ない。

 心的防衛機構を具現化する理霊。

  • 最終更新:2017-09-13 12:51:36

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード